問題集の解説を使い倒して成績アップ!

問題集の解説を使い倒して成績アップ!

問題集の解説が分かりにくいと感じたことはありますか?例えば数学の問題集。
Aという式からBという式に変形する、その”過程”が知りたいのに、その部分がちょうど割愛されていてイライラ…なんて経験ありませんか?私も中高生の頃そうでした。

しかし、ある時逆の発想をしたのです。
この”不親切さ”を逆に利用してしまおう!と。
つまり、「解説を理解できるように勉強する」というスタンスに変えたのです。

もう一度数学を例に出してみます。
A式からB式への変形の仕方が分からない。
ならば教科書、参考書、自身のノート、友人・教師のアドバイス…これらを総動員してA式を解くのです。

本末転倒?いいえ、これで良いんです。
なぜ良いのか。

この「解説を理解するための作業」は、今までインプットしてきた知識を使おうとする作業だからです。
知識はアウトプットできなくてはなりません。
しかし、決められた問題集を解き、何となく答え合わせをし、何となく解説で間違えた部分を確認し…ではしっかりとアウトプットできているとは言えません。

「解説を理解するための作業」をすることで、「教科書にあるこの公式と、ノートにメモってある要点と、先生から教わった裏技を組み合わせれば簡単にA式がB式になるぞ!」という発見ができるのです。
この発見こそが学習意欲をかきたてるきっかけになります。

問題集の解説は分かりにくい。
そんなイライラを抱えていたら、発想を変えてみましょう。

あっという間に「使える」問題集になるはずです。