効果的に問題集をやっていくコツとは

受験、あるいは定期テスト対策として問題集に取り組む機会も多いと思いますが、以下のやり方で問題集を解いていくと一定の効果が出ると思います。
まず大事なのは【問題集には直接解答を書きこまない】という事です。
解答を書きこんでしまうと、もうその問題集は二度と使えなくなってしまいます。

問題集に解答を書くのではなくて、自分で白紙のノートか紙を用意して【問題を解きながら自分で解答欄作っていく】のです。
定規などは使わなくていいですから、ざっと枠取りだけしておいて、そこに解答を書いていってください。
解答が終わったら、必ず赤ペンを用意して自分の解答を採点していってください。
自分で採点をしていく事で、どこが間違ったのかがはっきりとわかります。そうして、間違った箇所があった場合には問題集の問題番号の所にチェックを入れてください。
そうしてテスト直前にもう一度問題集を見返して、そのチェック箇所だけやればいいのです。
それでもまた間違えたら2重チェックです。
そこが自分のウィークポイントという事になります。
このやり方ですと、同じ問題集を何度でも使う事が出来ます。
繰り返し苦手な問題を解くことによって、逆にその種の問題が自分の得意問題になるかもしれません。
ちょっとした工夫ですが、問題集を使って勉強する場合には是非一度試してみてください。