学力アップの最短ルートとは

学力アップの最短ルートとは

学生時代の数年間、家庭教師のアルバイトをしていた経験があります。
私が担当していたのは学校の勉強についていくのが難しいという子ばかりでしたが、成績が良くないことに親御さんが焦っていろいろな塾や家庭教師をお願いしているという方も多かったように思います。

しかし、私の主観的な感想ですがいろいろと手を出すとそのすべてが中途半端になり帰って学力の向上が望めずに泥沼にはまっている子供が多かったように思います。
成績がある程度良い子供は、塾などで追加の勉強をしてもこなしていけますが、学校の勉強についていけていない子供は塾に行ってもなかなか成績が上がらない場合もありました。

もちろん塾で成績がめきめきと上がっていく子供もいます。

学校の勉強についていけない子供はまず学校の勉強しっかりとするということが大事です。
学校でその日の授業で習ったことはわからないままにしない。

家に帰ってきちんと30分でもいいので復習するということが大事です。
部活などで忙しい子は、お風呂に入っているときなどに「今日学校でこんなことを授業でやったな」と思い返すだけでも日ごろ勉強の習慣がない場合には多少の効果があります。

難関校を目指していて、学校の勉強では物足りないという子は塾の課題を頑張ればいいと思いますが、そうでない子は学校で教わる基本的なこと身に着けていくことが学力アップの最短ルートです。

基本が身についていなければ、受験問題に出てくる応用問題は解けません。
塾に通うにしても塾に通ってるから学校の授業は適当でいいやと思わずにきちんと日々の授業をまじめに受けていくことが大切です。