学習塾は学ぶきっかけ・解いて興味を持つのが最初の一歩

学習塾は学ぶきっかけ・解いて興味を持つのが最初の一歩

新生児として生まれてからの歳月は学ぶというプロセス、小さい頃からの着替え等の身だしなみ習慣も初歩的な学びですね。
大人からすれば簡単なことでも、幼い頃はこれを一つずつクリアして、保育園とか幼稚園などで具体的な学びにシフトする。
保育園前にも家で絵本を見て記憶したり、日常生活とかテレビ鑑賞しながら基本を身につけていく。
勉強というと小学校から中学、高校や大学の教科が一般的ですが、学びの基本は小さい子供時代の日常にあります。

キーワードは興味とか関心、普段着でも日用品や雑貨でもこれはどういう物という性質を把握するのが学び、この基本から学校の勉強にも興味を持つと考えました。
小中高の教科書をみれば単語の一つずつをクリアするというプロセス、文章が一つあれば文節や単語の意味を理解して一つの学び。
数式ならば記号と数字、一つの方程式がわからなければ教科の先生に聞いて覚えますね。
幼児教育には芸術や運動など色々ありますが、基本は子供の気質に合う分野を探す意味もあります。
このきっかけが学習塾だと思う、単語や文節の意味がわかったとか、方程式をクリアして面白いと感じるのが勉強の初歩ですね。
入試に関しては学校での学びの集大成、塾通いもいいですが学校の教科内容をじっくり勉強して進学したという例もある。
要点としては塾に通ったから名門校とは限らないということ、学びの姿勢と方法、この点が肝心です。