勉強をしていても成績が伸びない理由とは

勉強をしていても成績が伸びない理由とは

勉強方法はいろいろあると思いますが、問題は選び方です。
本人の適性も重要なのですが環境も同じく重要となるのです。

学習塾においては、友達と一緒だから通いたいという理由をたまに聞きますがこれが結構曲者で、遊び半分で通っていてあまり身につかなかったり、わからないことがあっても友達の手前見栄で知ったかぶりをしてわからないままにしてしまうなんてこともあるようです。

逆に友達がいるから頑張れるということもあるので本人の適性次第では真逆の結果になることがあります。
たまに塾での様子などを聞いて合っているのか相談してみるのもいいかもしれません。

家庭学習だと、油断できないのが進研ゼミです。
これは勉強がわかる子にはとてもいい教材となるのですが、わからない子にはいまいちなものになってしまいます。
ポイントを押さえていたりするから問題集を解くことはできるけど応用が利かないとか、物が良いから出来るようになった気がしてしまうとかがあります。

あとは努力賞プレゼントが欲しいから始めたい人もいるようです。
テストをただ解答欄を埋めるだけであったり後の号の解答を見ながら書いたりしてポイントを貯めるのが目的になってしまう例です。

勉強をしていても結果が出ない場合はどこに問題があるのか親や周囲の人が考えてみないと本人の努力だけでは気づけないこともあります。