効率の良い勉強法について

効率の良い勉強法について

効率の良い勉強法とは、時間ではなく量で計画を立てる。
やるべき事をを決めて1日にする量を決め継続する事が大切です。

量を決める事でダラダラしなくなります。
早く終わった場合は明日の分までやろうというモチベーション
になりやる気が上がります。

時間で計画を立ててしまうとやることが分からなくなりやる気が起きない状態になります。

メリハリをつける事。
受験など特に多いですが長時間勉強していると、どうしても集中力が低下するので作業効率がさがり、
勉強の内容が頭に入りづらいです。

無理をすると余計に頭に入りづらくなるので、休憩したり、気分転換をしてリラックス状態で、勉強することをおすすめします。

脳が集中出来る時間は限界があります。
適度に生き抜きをして集中力を持続させましょう。
一番良いのは、自分の好きな趣味、体を動かす事が合っていると思いました。

無理な計画を立てると、怪我・病気・急な用事が起こりやすいので、出来なかった分を取り返そうと思い取り戻せない事が多いので、やめた方が良いと思います。
また、精神面が追い込まれていることを意識すると勉強に対してモチベーションが下がってしまします。
それを防ぐために計画する時に時間的ゆとりを設けましょう。

例えば、受験生なら週1は調整日として休みましょう。
その日は、ストレスを解消したり、その週にやった問題の復習をしたりしても良いと思います。
そうやっていくと、メリハリが計画を達成するために重要なリズムを生みだします。

いつまでに終わらせるか決める…当たり前かもしれませんが期限を設ける事で計画倒れの人が具体的にいつまでやるかを決めていません。
私もその一人です。
守れない可能性があるので、曖昧な返事をしがちです。

計画を立てることがたいせつです。